ナレーションは機材にこだわった方がいい

ナレーションでは言葉遣いが重要です

多くの衆人がいるところでスピーチをしたり、プレゼンを行う場合、緊張してしまう人が非常に多いです。

それは人間の本能にも関わっている事なので仕方がありません。


しかし、緊張してしまうと暗記したあらすじを忘れてしまったり、喉の調子が悪くなって声が出なくなったり、上手くしゃべれなくなったりします。ナレーションの業務を生業にしていくには、こういう課題を解決しなければなりません。

仕事のバリエーションはさまざまですが、共通していることが一つだけあります。それは自分の声を売り物にしている点です。
声を伝える手段はいろいろありますが、この仕事の本質は声のクオリティにあります。
声のクオリティはレコーダーやマイクなどの機器に大きく依存します。
声が悪ければどんな機材を使っても悪いので仕方ないですが、声がよくても機材が悪ければ意味がないです。
機器のせいで、声のクオリティが下がるのは何としてでも避けたいところです。

音質を下げないためにも、機材への投資は惜しむことなく行うべきです。

つまり、レコーダーなどの機材は、ナレーションのクオリティの次に大切なのです。

もし機材が故障して、録音しなおしになると元も子もありません。

大きな浪費になってしまいます。


ビジネスとしては喜ばしくないです。

声を加工してクオリティを高められるものが最もよいですが、そこまでこだわる人はあまりいません。
録音しないリアルタイムのナレーションの仕事では言葉遣いに慎重になるべきです。

















    関連リンク

    • ホテルがシャツを売るということ

      ホテルには店などを設置して、そこに宿泊客を呼び込んで消費を促していくというパターンがあります。例としては、土産物を取り扱っている店を構えてそこで地元の物産を販売して売上を稼いでいきます。...

      detail
    • ナレーションでは言葉遣いが重要です

      多くの衆人がいるところでスピーチをしたり、プレゼンを行う場合、緊張してしまう人が非常に多いです。それは人間の本能にも関わっている事なので仕方がありません。...

      detail