ナレーションは機材にこだわった方がいい

日本におけるシャツの歴史

シャツときいて思い浮かべるものはなんでしょうか?スーツの下に着る、襟のついた上半身に着用する衣服を思い浮かべる人が大多数をしめるのではないでしょうか。

大人 可愛いの正しい情報を手に入れましょう。

どちらかといえば、フォーマルの場面で着用する衣服を思い浮かべます。
しかし、最近ではカジュアルな場面で羽織れるチェック柄や、ポロ、デニム生地もよく見かけます。幅広い種類がありますが、その歴史は古くローマ時代まで遡ります。



ローマ時代の形状はチュニックとよばれスリットと呼ばれるひだの入ったワンピースのような形でした。



それが両袖をつけて着用されるようになりその後大きく形を変えることなく中世を迎えます。

パール アクセサリー情報に対応した情報サイトです。

ヨーロッパ中世期に襟やボタンなどが付加されるようになりこの頃に男子用は右前、女子用は左前という男女差が生まれました。ルネサンス期にフリルやレースなどの華やかな装飾がされるようになっていきますが、19世紀にはどんどんとシンプルな形になっていきほぼ今の形状に収まりました。



そして20世紀になり形状はさらに多様化し、今では世界共通の衣服として広く知られるようになりました。


日本に入ってきたのは明治初期の開国を迎えた時です。

https://m3q.jp/?tag=%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F

その頃の日本では和装が一般的でしたし、シャツを着用している人には「西洋かぶれ」や「キザ」とよばれ、あまりいいイメージがありませんでした。


文明開化が進むとともに都心部では一般的になっていきましたが、農村部でシャツの着用が普及したのはなんと太平洋戦争が終わってからです。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-oric2085934/photo/

正式の着用方法は裾をズボンの中に入れます。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8246176.html

裾を出すことは非常にだらしないこととされています。

しかし70年代からシャツの柄や素材が幅広くなり、羽織としてシャツを外出しするファッションが一般的になっていきます。

    関連リンク

    • シャツを販売するときにおいてのこと

      シャツを製造しているメーカーが、ネットで消費者にダイレクトに売るときには色々な手法を提示することが可能です。それは、シャツにおいて色々なパターンを用意して様々な需要を満たすことができるようにしていくのです。...

      detail
    • ナレーションでは言葉遣いが重要です

      多くの衆人がいるところでスピーチをしたり、プレゼンを行う場合、緊張してしまう人が非常に多いです。それは人間の本能にも関わっている事なので仕方がありません。...

      detail